阿部航太

デザイン・文化人類学

KOTA ABE

DESIGN AND CULTURAL ANTHROPOLOGY

阿部航太
1986年生まれ。埼玉県出身。
2009年ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校卒業後、廣村デザイン事務所入社。
2018年同社退社後、「デザイン・文化人類学」を指針にフリーランスとして活動をはじめる。
2018年10月から2019年3月までブラジル サンパウロに滞在し、現地のストリートカルチャーに関する複数のプロジェクトを実施。
帰国後、阿部航太事務所を開設し、同年にストリートイノベーションチームTrash Talk Clubに参画。
アーティストとデザイナーによる本のインディペンデントレーベルKite所属。

デザイン

- シンボルマーク・ロゴタイプの開発から、その展開までを含むブランディング業務
- 広報ツール、エディトリアル、パッケージなどの紙媒体のデザイン
- サイン計画、展示計画などの空間デザイン
- 外部パートナーとの協同によるウェブサイト制作や、店舗・施設などの外部/内部の環境デザイン

文化人類学

- 異なる文化・視点の交流を目的としたワークショップ・プロジェクトの企画、リサーチ、発信

KOTA ABE

In 1986, Kota Abe was born in Saitama, Japan. He graduated from the BA Graphic Design course at Central Saint Martins
London College of Art and Design in 2009. He worked in Hiromura Design Office from 2009 to 2018,
and after he started his career as a freelance graphic designer in Tokyo.
From 2018 to 2019, he stayed at São Paulo for some projects about street culture in Brazil.
After he went back to Tokyo, he started his own studio KOTA ABE STUDIO, and he joined the street innovation team, Trash Talk Club.
He belongs to an independent book label “Kite”.

DESIGN

Branding (concept making, visual identity) / Printed Media (poster, book, package) / Space (signage, exhibition) With Partners – Digital Media (website, inter face) / Environment (interior, architecture, landscape)

CULTURAL ANTHROPOLOGY

Planning / Research / Presentation for the projects aiming to exchange different cultures and perspectives

PROJECTで使用している写真は加納千尋氏により撮影いただいています。 >加納千尋写真

The photographs on the PROJECT are taken by Chihiro Kano.